シンゴジラ

先日、今更ながらシンゴジラを見にいきました。

周りでゴジラは深い映画だ、あれは冥王星のようだと言っている方が多かったので、ずっと気になっていたので。

ゴジラを見ながら家の猫を思い出してしまったのですが、そのくらいゴジラはただ本能で生きている動物のように思えました。

ゴジラはただ生きて歩いているだけ、攻撃されたから仕返しただけなんですよね。
人間だけがパニックになり、逃げ惑い、
そしてまたも同じ過ちを繰り返そうとするのですが、、、
ネタバレしそうなのでここまででやめておきますね^^;笑

明らかに原発問題を描いているなと思い、とても興味深い映画でした。

シンゴジラを見た後、色々とても考えさせられました。
ゴジラとは関係ないのですが。

本来、地球にあるものはすべて無償のものだったのです。
人間だけのものではなく、そこで暮らす全ての生き物のものでもあります。

それを人間が社会を作り、土地を分け、紙幣価値を作り出し、環境を汚し、戦争をし、
いいところもあれば、悪いところもありで、
でも根本的にはすべて私たちのもののようであり、
地球上にあるものは私たちのものではないということを
忘れてはいけないと感じました。

そして今後の生き方についても。
日本は火山が多く、地震など災害も多い国です。
日本だけではなく、今は世界中がドタバタしていますよね。
これだけ災害が起こっている中で、どこで何が起きてもおかしくない状況です。

これからは新しい生き方も考えながら生活していくことが大切です。
新しい生き方とは生活する場所にこだわらない、
何か起こった時にはどこへでもいける柔軟な思考を持つことです。

ノマドという言葉が流行りましたが、まさにノマドやミニマニリストは新しい生き方の一つです。本当に必要なものだけをもち、トランク1個分の荷物で生活をする。

こだわりは手放すほうがいいのです。
変化の早い時代に生きている私たちは、
こだわりを持ち続けることで、計り知れない苦しみが生まれます。

究極は命さえあればいいと思えればなんとかなりますから。

身軽にしておきましょう。
物は最小限に。
自分にとって大切なものは何か?選別しておきましょう。

自分だけは大丈夫という気持ちは捨て、いつ何が起きてもいいように
心構えと準備だけはして起きましょう。

●災害が起こった場合にすぐに持ち出せる荷物をまとめておく
●最低3日分の保存食と水は用意しておく
●家族と避難場所の確認などを共有しておく
●毎日を悔いなく、心を込めて生きる
●大切な人には常日頃から、感謝の気持ちを伝えておく

など。

2024年の冥王星が水瓶座に移る新しい社会の誕生まで、
今までとは違う新しい生き方について私たちは考えていかないといけないのだろうと思います。

もう人生を終わりにしたいと思っている方へ[閲覧注意]

[閲覧注意]
とても重い内容です。
いじめ問題や社会問題について書いています。
辛い経験がフィードバックしそうな方は読まないでください。
もう人生を終わりにしたいと思っている方に向けて書いた記事です。

先日ニュースで写真を見ました。

その写真に写っていたのは、いじめが原因で亡くなってしまった、
今はもうこの世にはいない女の子でした。
とっても可愛らしく、愛らしい女の子でした。

親御さんの気持ちを考えると、
とても胸が苦しくなりました。
大切な子供を失うほど辛いことはありません。

いじめは大人の世界にもありますが、大人でも苦しいのです。

中学2年生のその子が自ら命を絶つことを選択するしかないほどの状況を思い浮かべると、涙が止まりませんでした。

世界でもこれだけ子供の自殺の多い国はめずらしいようです。

そして今いじめにあっていてとても苦しい思いをしている人は、
どうか周りの大人に助けを求めてください。

それでもどうにもならない時は、逃げてもいいのです。
学校に行かなくてもいのです。
学校に行く事だけが残された選択ではありません。

世界は広いのです。
手軽に世界を見るのにインスタグラムはオススメです。
ハッシュタグを英語で書くと、日本ではない世界の人と繋がります。
そこにあなたが今日見た綺麗なものや、好きなものなんでもいいのです。
載せてみましょう。
世界の人からいいねのハートマークが広い世界を見せてくれます。

そして、本をたくさん読み、映画をたくさん見ましょう。
広い大きな違う世界を見せてくれます。

そして、学生時代に読んだ本、映画は人生に深みを与え、
今後あなたの考えの基礎となることが多いです。
素晴らしい作品にたくさん触れましょう。

何度も言いますが世界は広いのです。
今のいじめのある世界からは逃げていいのです。

今見ている世界はとても小さな世界です。
そこに馴染めないあなたは、別の世界ではのびのびと生きていける可能性を秘めています。

今は学校に行かなくても、ネットでも勉強ができます。
大学にもいけます。
道はいくらでもあります。

人生を諦めてはいけません。
道はちゃんとあります。

手を差し伸べてくれる大人はいるはずです。
頼っていいのです。

大丈夫ではない時は大丈夫じゃないと言いましょう。

学校なんて行かなくてもどうにでもなります。
それより命の方が大切です。

そして、周りの方は子供がSOSを出したときには全力で守りましょう。
まだ子供なのです。
そしていじめをしている子も子供です。
大人が止めてあげないといけません。

もしも怪我をさせらりたり、殴られたりしているようなら
すぐに病院に連れて行きましょう。
診断書をもらいその後、
学校側に伝えます。
子供がいじめを受けていること。
そしてこれ以上相手がいじめをやめないのなら、警察に行くと伝えましょう。
そして相手側の親御さんには学校側に伝えてもらうのです。

実際なんの証拠もなく学校の先生だけに言っても
どうにもならないケースが多く、
子供は告げ口をしたことでより、よりいじめがひどくなるケースもあります。

そして子供のいじめを甘く見てはいけません。
実際、命を絶ってしまう子が多いのです。

そして電通の女性社員の自殺。
どれだけ苦しんだことでしょう。
絶望したことでしょう。

仕事なんて、嫌だったらやめていいのです。
会社を辞めても、命さえあればどうにでもなります。

大丈夫です。

そして、もしも周りに苦しんでいる方がいたら、伝えて欲しいのです。
いくらでも道はあると。大丈夫だと。

仕事を頑張りすぎて、企業の犠牲になり鬱になる人を私はたくさん見てきました。
鬱になると見える景色が変わってしまします。
全てが薄暗く、食事も喉を通りません。
夜も眠れなくなります。

そうなる前に、会社を辞めてもどうにかなるのだと自分に逃げ道を作ってあげて欲しいのです。
命を絶つほどまでに追い込んでする仕事や、
企業は間違っています。
おかしいのです。
そのことに気づき、自分を追い込まないで欲しいのです。
ことば巧みに企業はあなたを利用しようとするかもしれません。
プライベートを削ってまでする仕事は明らかにおかしいのです。

そしてすぐにやめてもハローワークに事情を話せば
失業手当は出るケースが多いです。
親身なって話を聞いてくれます。
まずはそういった公共の施設を利用しましょう。

そしてもしも家族が明らかにブラック企業にいるとして、
精神も体も限界の状況にいるのなら
労働組合基準監督署やハローワークに助けを求めてみてください。
家族が過労死をしそうな時、鬱になってしまう前に家族を守りましょう。

実際、今後大企業で働いたとしてもこれから先どうなるかわかりません。

世界は変換期を迎えています。

今までの常識が常識ではなくなる可能性は大いにあります。

多くの人が、日本だけでなく、海外にフィールドを広げて行くようにもなります。

日本の地形が変わってしまうほど地震や多くの災害も起こる可能性もあります。

自分を大切にしましょう。

大丈夫ではない時には
大丈夫じゃないと言いましょう。
泣いてもいいのです。

大丈夫じゃないのに、大丈夫だと言っていると
ある時、心がポキと折れ、修復するのにとても長い時間がかかります。

あなたの人生です。
そして自分を大切にできるのも、自分の望む未来を目指して行くのも自分しかいません。あなたの気持ちを誰かに伝えてあげるのは、あなたしかいないのです。