11月後半の流れ

今月後半の流れ

水瓶座の火星、牡羊座の天王星はミューチュアル.レセプション。
本来の支配星が入れ替わっているので
アスペクトがなくても影響を与え続け、より天体の特性が強調されます。
水瓶座火星の自由を求める動きと牡羊座の激しい新しい改革の波がこの時期は目立ちます。
このアスペクトは12月19日まで続きます。

天秤座木星と山羊座冥王星も後半に向けてぴったりのスクエアになります。
緊張感のある配置です。
ですがセクスタイルの射手座土星が
「壊すのはちゃんと未来をよりよくするためにしてよね!」
と釘を刺しています。

徹底的な破壊と再生が広がります。
この時期壊れるものは、そのあとは大きく新しい誕生を迎えます。
このアスペクトは12月29日まで。

斬新で新しい風を送り込んでいた天王星アスペクトの影響がだんだんなくなっていくと、来年は少しづつ硬い殻に閉じこもる鎖国状態に近づいていきそうです。

後半は動きが活発になり、色々忙しい感じです。

目立つアスペクトだけ取り上げてみました。

要注意日
18日 色々爆発しやすい時

20、21日 下弦の月、月を中心にしたヨッド、火星オポジション、海王星逆行終了もできていて宿命的なことが起こりやすく、不安定。

25日 活動宮に惑星が集まり動きが活発でドタバタしそうです。

28日 新月前日  

30日 天王星、冥王星、木星tスクエア。警戒モード

14日牡牛座満月

牡牛座満月
11月14日22:52 に満月になります。
牡牛座23度でとてもパワーのある満月です。

サビアンシンボル「宝石店」
まるできらめく宝石のように叩いてもビクともしない堅さがあり、
大変に優れた能力を発揮することを表しています。

自らの才能や素質を磨き上げ、輝く人へと変化をもたらしてくれる満月になります。

この満月は10ハウスで起こります。
10ハウスはズバリ社会的成功の部屋です。

牡牛座は自分の才能、素質、お金、豊かさ、五感覚
また支配星は金星。官能的な美を司る星座です。
そしてこの日、牡牛座の支配星は5ハウスにいます。
5ハウスは創造力、子供、恋愛、投資の部屋です。

今回の満月はこのことから
自身の才能、素質を高め、創造力を発揮し社会的へのアピール力を高めていくような満月になります。

出会いを求めている方は
自身の女性的な魅力を高め魅了し、恋愛力、楽しむ力を高め、社会にアピールしていく力を手に入れるなどです。

満月の日は満月の気のパワーが空気に充満します。
深く呼吸をし、細胞に満月のパワーを巡らせていきましょう。

満月呼吸法
1、頭頂からキラキラきらめく月の光が入ってくるイメージをしながら
息を4秒かけて大きく吸います。

2、その後、4秒息を止め、月の光を体に巡らせるイメージをします。

3、口から8秒かけて黄金の細い光を吐き出していきます。

気持ちがいいなと感じるまで何回か行なってみてください。
息を止めるのが苦しい方は、無理して止めないでくださいね。
ご自身の無理のない範囲で行なってください。

満月の日は吸収力も高まるので、
今日はスペシャルケアでお肌のお手入れもしていきましょう。
水分をたっぷり与え、栄養をたっぷりお肌に入れていきましょう。
ぐんぐん吸収していきます。

そして、質のいい栄養の高い物を食べましょう。
質がいいというのは、インスタント食品などはNGということです。
添加物までしっかり吸収してしまいます。
フルーツや野菜、タンパク質中心の食事をしてみてくださいね。

支配星金星なので、バラや赤い花をお部屋に飾るのもいいですよ。
ローズや、ゼラニウムなどのアロマを焚きながら
五感を刺激するのがいいので、マッサージも取り入れてみましょう。

マッサージオイルはオリーブオイルや、アーモンドオイルなどで構いません。
オイルのない方は、クリームでもいいですよ。

首から胸にかけてマッサージしていきましょう。
牡牛座は喉のチャクラも司ります。
特に普段言いたいことが言えていない方は、首元を重点的にリンパを流していきましょう。
自分がハートで感じたことを言葉でしっかりと伝えていけるように。

いつも周りに気を使い、言いたいことをぐっとこらえ、我慢を重ねてきた
自分をいたわる気持ちで、優しく自分に触れていってくださいね。

牡牛座は芸術、特に絵を描くのもいいんですね。
満月は感情が高ぶりやすいので、
その気持ちの高ぶりを絵に表現して自分を解放していきましょう。
満月の月明かりに魅せられて、普段は知ることのできない深層心理が
絵にも映し出されそうです。

大きな満月になるので、晴れたら綺麗な月を眺めて
お月見を楽しみましょう!
14日は素敵な満月をお過ごし下さいね。

蠍座新月について

蠍座新月。

蠍座新月は31日午前2時39分から11月2日2時39分

心の深い部分に宝物を隠している人はその宝に気づきます。
蠍座の新月は心の奥深くにある願いを出してくれます。

今までの自分とは違う、生まれ変わるような変化を遂げる人もいることでしょう。
蠍座支配星の冥王星は死と再生の星で、一番強い影響力を持った天体です。
今までのものを一度壊し、新しく再生することもできます。
新しい人生の再スタートに良いです。

あの世とこの世の扉が開かれています。
夢で必要なメッセージを受け取る方もいるかもしれません。
今日見る夢はしっかりメモしておきましょう。
そこから連想されることなどもあれば、書いておきましょうね。
きっと今後の役に立ちます。

まるで心の底でしっかり繋がっているかのような
深い人間関係を築いていく手助けもしてくれます。
大切な人との関係を深めていきたい人は
蠍座の新月をしっかり利用しましょう。

今回の新月は魚座のトラインができる、まるで奇跡のような新月です。
夢を広げ、思い描いた夢を月が運び、太陽が現実に叶えてくれます。
バックアップには海王星がついているので、夢を後押ししてくれることでしょう。
達成していきたいことや、理想の未来をしっかり心に思い描きましょう。

新月の願い事もしっかりしていきましょうね。

ボイドタイム(願い事が曖昧になりやすい時間)
31日の11時45分から23時44分は避けましょう。

なので、明日の朝2時39分から11時45分までには
新月の願い事を書いてみましょう。

新月の願い事はエネルギーの強い8時間以内がベストですが
無理な方は48時間以内に書きましょう。

蠍座の新月にオススメキーワード
深い絆、深い洞察力、神秘性、ソウルメイト、性的な魅力、強い精神力、諦めない粘り強さ、カリスマ性

⭐️新月の願い事の書き方🌟
●2個以上10個未満
●最後の文、10個目は「新月の願いが全て叶い、とても(嬉しい、幸せ、happyなど)です。ありがとうございます」と感謝の言葉を書きましょう。
●もうすでに叶っているかのような過去形で書いてみましょう。
私はあっとゆうまに、私はたやすくなどの言葉を入れてみてくださいね。
●書くときは手書きで書きましょう。
●自分主体の願い事を書きましょう。他人を変える願い事は叶わないと言われています。
●箇条書きで書きましょう。
●私はから書き始めましょう。
●自分は夢を叶えられると信じて書きましょう。

(例)
私はソウルメイトを引き寄せ、幸福な関係を築けています。

私は幸せな結婚ができました。

私は、パートナーとの愛の交換をより深く楽しめています。

私はいい意味で周りをリードするカリスマ性が身についています。

私は過去から引きずっていた心の痛みを解放しています。

私は女性として魅力的になりました。

私は美しくなりました。

私は毎月●●の収入を得ています。

私は●●の仕事で成功しました。

私は没頭できる趣味や学問に出会いました。

など

みなさんの願いが全て叶いますように!!祈っております。
素敵な新月をお過ごし下さいね。

10月後半の天体の流れ

16日は満月です。
10個ある天体のうち、7個が活動宮にある状態です。
とってもパワフルです。

月は天王星と合。牡羊座の勢いのある純粋なエネルギーに満ち溢れています。

このパワーは仕事への変化ももたらすことでしょう。
また火星、冥王星も重なりつつあります。
底力を発揮できそうですが、気持ちばかりが焦り、落ち着かないかもしれません。

満月で気持ちも高ぶりやすいので、なるべく喧嘩は避けましょう。
これだけ活動宮が多いと、カッとなった時の衝動が激しそうなので。

その激しいほどのパワーを人生の前向きな発展力に変えていきましょう!
天王星に照らされ、キラキラ眩しいくらいの満月ですので、みんなでワイワイ過ごすのもいいでしょう。

ゆっくり月を見ながら、満月を思い思いに楽しんで過ごされてくださいね。

10月後半の流れですが、

16日満月キラキラ もしくは ギラギラ 太陽、天王星オポジション
19日冥王星、火星 合(良く言えばど根性が発揮できる)
(22日ごろまで注意。)

29日火星、天王星 スクエア

どれも活動宮で起こるので、ドタバタと激しく変化していきそうです。
また天王星、冥王星も絡み、海王星などもハードなアスペクトができます。
災害や国同士の争い、テロなどにも注意が必要です。
最低限の心の準備と食料などは念のためそろえておきましょう。
備えあれば憂いなしです!

また会社や世の中的にも急な展開も予想されます。
柔軟な思考を大切に。思い立ったら即行動に移していく姿勢が大切です。
自分の限界を突破できる時でもありますので、ぜひ活用してくださいね!

そして31日は新月です。
新しいスタートの時。
夢が思いっきり広がりを見せていくことでしょう。
新月についてはまた改めて書きますね。