1ヶ月が経過

蠍座に木星が移行して1ヶ月がたった。

蠍座に木星が移行した日に、ヨガの頭立ちのポーズ(シルシアーサナ)が一瞬出来るようになり
こんなポーズ絶対に無理だと思っていたのだが、毎日地道に練習した甲斐があった。
その後バランスを崩して自分の膝で目を強打し、しばらくヨガマットにうずくまっていたのだ

あきらめずに続けていれば夢は叶うものだと思った瞬間だ

さてさて蠍木星の時期には自分の本能と向き合うこととなる

本能とは?

幼い頃、どんな夢があっただろうか
どんな大人になりたかっただろうか

子供の時の自分は大人になった自分をみてどう思うのだろうか

遠い昔のこと過ぎて

はっきりとは思い出せないこともあるけれど

小さいときに叶えたかった夢を一つでもいいから形にしていくような流れ
表面的な夢ではなく
幼い頃、想像し、ワクワクし、何度も思い描いたあの夢を叶えていく

時間は未来に向けて流れていると思っていたのだが
実際は未来の自分から過去の自分に向かって流れている
どんどん過去に戻っていく
その感覚をはっきりと体感する人もいるのかもしれない。

昨年と比べ人付き合いも厳選されていくことだろう
本心に嘘がつけないのだ。本能的な好き!とか嫌い!が根底にあり
仲間かそうじゃないかがはっきりしていく
仲間とはべったりくっつくことだろう
べったりな人間関係が苦手な方は
別の物とくっついていく
動物や何か趣味でもいい
べったりと
とことん追求していく
そのときに大切なのは
心から好きだと思える物や事であること

そして大切な話はやはり会って話すのが一番だね。と
SNSでのコミュニケーションから
古風なコミュニケーションが見直される

12月土星が本来のサインである山羊座に移る
簡単には形に出来なくても
少しずつ夢が形となり
実現に向けて動き出していく

今までコツコツ準備を重ねて来た人も
これから幼い頃の夢を一つでも叶えていこうと思う人も
実際に行動を。行動あるのみ。
その行動に大切なのはルーティン、数値化、習慣化していくこと。
盛り上がりには欠けるが
同じペース、同じテンションで
しっかり目標を掲げ現実的に取り組んでいく

山羊座が土星にいる間、ここから2年ほどの課題である

行動し、動き、失敗しながらも
理想の形を形成していくのだと思う

理想の枠組みを形にしていく年
土台作りの年

また古典的なシンプルな美が見直されるだろう

着物やお茶、華道など

日本の美しさは本来シンプルなのだ
余分な物をそぎ落とし
山羊座土星が表す歳を重ね洗練された美
品格のある美
本物
品のある行動を心がける

山羊座はクオリティーの高さを求める
志の高い星座
社会活動の頂点にいる星座

ぜひ毎日お気に入りの物を何か一つ身につけて欲しい
特別な日に着るお気に入りの服を着よう
見るたびに心がときめくアクセサリーを身につけよう
綺麗にアイロンをかけた
お気に入りのハンカチを持ち歩くでもいい

心底惚れ込んだものを一つ身につけて
毎日を過ごしてみるといいかも

木星蠍座は心から惚れ込んだとっておきの物を好む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です